あらゆる世代の未来(あした)が輝くために

幸福(しあわせ)実感都市・上田市を目指して

   私の取り組んできた、そして取り組んでいく主な重点政策です。
  これは多くの市民の皆様から頂いた市民相談やご意見・ご提案などがヒントとなっています。

  そして、赤ちゃんから子ども、若者、子育て真っ最中のママやパパ、おばあちゃん、おじいちゃんまで

  『あらゆる世代』が幸福(しあわせ)を実感できる未来(あした)を築けるように、

  私は市民政治家として活動してまいります。

​                 空が灰色でも虹は鮮やかです!

取り組みます、取り組んできました

私の主な重点政策

あしたのまちづくり

1.災害に強いまちに、人になるために

地震・豪雨災害に備えた公共施設、道路、橋の耐震化、補修、長寿命化を推進

自主防災組織活動の充実、地域防災の人材育成を推進

2.老朽化した公共施設のあり方を見直す 

公共施設・設備マネジメントの構築のための公共施設白書の早期作成

3.生ごみ減量の推進

 

安心・安全な学校、子どもたちが健やかに育つために

1.通学路の安全をよリ進めるために

通学路のゾーン30(時速30km制限区域)拡大

安全な通学路を点検整備庁内関係部門の連携強力

2.小中学校でのキャリア教育(仕事体験、職場見学)充実を図る

障がいをもつ子どもたちの職場体験活動の支援を推進

3.不登校、いじめの防止に積極的に取り組む

 

ママ・パパのミカタに

1. 発達障がい・・乳幼児期から成人にいたるまでの継続した支援

支援ノートの発行、作成の推進

発達障がいの理解を深めるための啓発活動の拡充

2.子育て世代の課題解決へ

子育て世代への家賃低減制度など、子育てしやすい上田市を推進

 

若者のミカタに・若者が世代間を結ぶ

1.多様な世代の市民が市政に参加できること

審議会等の委員について多様な世代(特に働き盛りの男性世代)が

市政に参画できる取り組みを行うこと。

2.若者の自立・就労支援

3.地元大学との連携の強化

 

働きやすい上田市、地域の産業が発展

1.地元で働く場づくり、地元企業・産業を応援

2. 地域の特性をいかした商店街活性化を推進

3.農商工連携による産業創出

4.情報化の推進

 

だれもが気軽にまちに出られるように

1.ユニバーサルデザインのまちづくり

パーキングパーミットの推進

(必要としている方が車いすマークの専用駐車場を必要な時に利用できるように)

 

健康で長寿なくらしをつづけるために

1.信州上田医療センターの充実支援

2.「うつ病」早期発見

3.健康で長寿に暮らせるために、介護予防の充実

4.脳脊髄液減少症の啓発活動を推進

 

行政改革・議会改革

1.行政の情報化を推進

SNSによる市民との双方向情報発信

上田市ホームページのアクセシビリティの向上

オープンデータの利活用

2.公共施設、設備の長寿命化(公共施設マネジメント)

3.市民総幸福度指標調査の実施

4.議会改革・・全議員による政策討議の推進

プライバシーポリシー

Copyright © 2016 daisukehanda. All Rights Reserved.